コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マララ・ユスフザイ まらら・ゆすふざい

1件 の用語解説(マララ・ユスフザイの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

マララ・ユスフザイ

パキスタンの女性人権活動家。1997年7月12日、北部山岳地帯のスワート地区(マラカンド県)に生まれる。2012年10月9日スクールバスで下校途中、武装集団に銃撃され重傷を負った。現地で弾丸摘出手術を受けた後、英国の病院に移送され、一命をとりとめたが、15歳の女子学生を狙い撃ちにしたテロ事件は、世界中に大きな衝撃を与えた。犯行声明を出した反政府勢力パキスタンタリバーン運動(TPP)は、教育権を求める女性の「反道徳的」活動への報復であり、シャーリア(イスラム法)に基づくものとテロ行為を正当化している。
父親のジアウディンは私立学校を経営する教育者で、マララもこの学校に通い、医者を目指していた。同地はイスラム保守勢力が強く、07年にはTPPが政府から統治権を奪い、09年まで実効支配している。イスラム過激派 のTPPは女性の教育・就労権を認めず、この間、200以上の女子学校を爆破したという。09年1月、当時11歳だったマララは、英BBC放送のウルドゥー語ブログに、こうしたタリバーンの強権支配と女性の人権抑圧を告発する「パキスタン女子学生の日記」を投稿。恐怖に脅えながらも、屈しない姿勢が多くの人々の共感を呼び、とりわけ教育の機会を奪われた女性たちの希望の象徴となった。同年、米ニューヨーク・タイムズも、タリバーン支配下でのマララの日常や訴えを映像に収めた短編ドキュメンタリーを制作している。11年には、パキスタン政府から第1回「国家平和賞」(18歳未満が対象)が与えられ、「国際子ども平和賞」(キッズライツ財団選定)にもノミネートされた。襲撃事件後、マララを称賛・支援する連帯の声は、世界中に広がっている。

(大迫秀樹 フリー編集者 / 2012年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マララ・ユスフザイの関連キーワードパキスタンパキスタン人民党東パキスタンインドパキスタン戦争バルチスタンパキスタン大地震パキスタンの農村医療胡佳氏西パキスタン[州]パンジャーブ[州](パキスタン)

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マララ・ユスフザイの関連情報