コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリア・スチュアルト Maria Stuart

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリア・スチュアルト
Maria Stuart

ドイツの詩人,劇作家シラーの戯曲。5幕の悲劇。 1800年初演。夫殺しの過去をもつスコットランドの女王マリア (メアリー・スチュアート) は,イギリスのエリザベス女王のもとに庇護を求めて亡命するが,エリザベスにその美貌を嫉妬され,無実の罪を着せられて処刑される。死を前にして苦しみ,やがて清らかな心境にいたるマリアと良心の呵責に悩むエリザベスの姿が,みごとな構成で描かれている。ドイツ古典悲劇の代表作。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マリア・スチュアルトの関連キーワードスタニーツィン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android