コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリオ

2件 の用語解説(マリオの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マリオ

ゲーム会社任天堂ゲームソフト「スーパーマリオブラザーズシリーズ主人公。赤い帽子にオーバーオール姿で口ひげを生やした配管工。1985年に家庭用テレビゲーム機用ソフトとして発売された初代「スーパーマリオブラザーズ」は世界中で約4千万本が売れ、シリーズ累計の販売数は2億4千万本を超える。派生タイトルを含めると、これまでに発売されたソフトは約200タイトルにのぼる。

(2011-05-15 朝日新聞 朝刊 奈良2 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

マリオ

任天堂のゲームキャラクター。初登場は1981年稼働のアーケードゲーム「ドンキーコング」。その後「マリオブラザーズ」(1983年、アーケード、ゲーム&ウオッチ)などの作品で主要キャラクターとして登場。1985年、ファミリーコンピュータ用ソフト「スーパーマリオブラザーズ」が大ヒットし、同社の代表的キャラクターとなる。多くのゲーム作品に登場するほか、漫画作品や実写映画(1993年、アメリカ)にもなった。口ひげ、赤い帽子、つなぎが特徴。本名はマリオ・マリオ。双子の弟に「ルイージ」がいる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリオの関連キーワードゲームソフトパーフェクトゲームゲームボーイマジコンGAMEBOY ADVANCE擦れ違い通信TVゲームバーチャルコンソールハイゲーム

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリオの関連情報