コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー キュリー Marie Sklodwska Curie

20世紀西洋人名事典の解説

マリー キュリー
Marie Sklodwska Curie


1867.11.7 - 1934.7.4
フランスの化学者,物理学者
ソルボンヌ大学教授。
ポーランドのワルシャワ生まれ。
パリ大学理学部に学ぶ。
旧名マリヤ・スクロドフスカ(Marja Sklodowska)。
1895年物理学者ピエール・キュリーと結婚。1898年キュリー夫妻は、放射能元素ポロニウムとラジウムを発見し、1903年ノーベル物理学賞をベックレルと共同で受賞。’04年パリ大学物理学実験主任、’06年ソルボンヌ大学教授、’08年正教授となる。’10年純粋の金属ラジウムの単離に成功し、翌年ノーベル化学賞を受賞。第一次世界大戦中は、X線診断による救護活動に尽力した。放射能障害、白血病に侵され生涯を閉じた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

マリー キュリー

生年月日:1867年11月7日
フランスの物理学者;化学者
1934年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

マリー キュリーの関連キーワードジャン・フレデリック ジョリオ・キュリーキュリー(Pierre Curie)ミラー(Mitch Miller)キュリー(Marie Curie)イレーヌ ジョリオ・キュリージョリオ・キュリー(夫妻)イザベル ユペールバン・ド・グラーフピエール キュリージョリオ=キュリー3月19日アロシュ生年月日ルロイ磁力計

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マリー キュリーの関連情報