コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

単離 タンリ

デジタル大辞泉の解説

たん‐り【単離】

[名](スル)混合物から、ある化合物を純粋な物質として取り出すこと。
生体や生物組織から、特定の細胞、遺伝子たんぱく質などを分離すること。また、ある微生物集団から、特定の微生物を分離して培養すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんり【単離】

( 名 ) スル
〘化〙 混合物中から目的物質だけを、純粋な物質として分離し、取り出すこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

単離の関連キーワードギルマン(Roger Charles Louis Guillemin)リヒター(Hieronymus Theodor Richter)ケンドル(Edward Calvin Kendall)ハーバート・エドマンド カーターアフィニティークロマトグラフィーコンビナトリアル・ケミストリージフェニルピクリルヒドラジルアンモニウムアマルガムタバコモザイクウイルスポリビニルアルコールラサール コーンチタン(元素)ストロンチウムアルフェドソンメタゲノミクスグリコーゲンブーテナントアルカロイド強磁性窒化鉄フラノース

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

単離の関連情報