コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・アントアネット Marie‐Antoinette

世界大百科事典 第2版の解説

マリー・アントアネット【Marie‐Antoinette】

1755‐93
フランス国王ルイ16世の王妃オーストリアの女帝マリア・テレジアの娘としてウィーンに生まれ,1770年にフランスの王太子(1774年に即位してルイ16世となる)と結婚した。美貌才知に恵まれた彼女は,善良だが才気に乏しい夫王にあきたらず,いくつものスキャンダルをおこして国民の信頼を失った。フランス革命が始まると,態度を決めかねていた夫王を促して革命に反対するようにしむけ,宮廷における反革命陰謀の中心になった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マリー・アントアネットの関連キーワードオート・クチュールロバート モーリービジェ・ルブラングーティエールルイ[17世]パピヨン[種]ルイ[16世]コンコルド広場ビオッティ高橋 禎二フェルセンノベールツワイクデュモン

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android