コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー・アントアネット Marie‐Antoinette

世界大百科事典 第2版の解説

マリー・アントアネット【Marie‐Antoinette】

1755‐93
フランス国王ルイ16世の王妃オーストリアの女帝マリア・テレジアの娘としてウィーンに生まれ,1770年にフランスの王太子(1774年に即位してルイ16世となる)と結婚した。美貌才知に恵まれた彼女は,善良だが才気に乏しい夫王にあきたらず,いくつものスキャンダルをおこして国民の信頼を失った。フランス革命が始まると,態度を決めかねていた夫王を促して革命に反対するようにしむけ,宮廷における反革命陰謀の中心になった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マリー・アントアネットの関連キーワードオート・クチュールロバート モーリービジェ・ルブラングーティエールパピヨン[種]ルイ[16世]コンコルド広場ルイ[17世]高橋 禎二ビオッティフェルセンノベールツワイクデュモン

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android