コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリアテレジア Maria Theresia

デジタル大辞泉の解説

マリア‐テレジア(Maria Theresia)

[1717~1780]オーストリアの君主。在位1740~1780。フランツ1世の妃。マリー=アントワネットの母。父カール6世の死後、ハプスブルク家の全領土を相続。オーストリア継承戦争七年戦争以後、内政・軍政改革を成功させ、絶対主義体制の確立に尽力した。マリア=テレサ。
ハイドンの交響曲第48番ハ長調の通称。1769年以前の作曲。通称はハイドンが仕えていたエステルハージ家を1773年にが訪問した際に演奏されたことに由来する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マリアテレジア【Maria Theresia】

1717~1780) ハンガリー・ボヘミアの女帝、オーストリアの女帝(在位1740~1780)。ハプスブルク家の全領地を相続、オーストリア継承戦争・七年戦争を行う。オーストリアの国権強化、絶対主義確立に努めた。マリア=テレサ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

マリアテレジアの関連キーワードインスブルックの凱旋門エステルハージインスブルックオーストリアフランツ女帝

マリアテレジアの関連情報