コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルクスブルク城 マルクスブルクジョウ

2件 の用語解説(マルクスブルク城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルクスブルク‐じょう〔‐ジヤウ〕【マルクスブルク城】

Marksburg》ドイツ西部、ラインラント‐プファルツ州の町、ブラウバッハの背後の山上にある城。ライン川中流域の古城の中で、唯一破壊を免れた城として知られ、13世紀頃の姿を留めている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

マルクスブルクじょう【マルクスブルク城】

ドイツ南西部、ラインラントプファルツ州のコブレンツ(Koblenz)から約10kmほどライン川を遡った、ブラウバッハ(Braubach)の町を見下ろすライン川沿いの高台にある古城。ライン川中流域で、唯一破壊されることなく現在に至った、中世のおもかげを色濃く残す城で、ブラウバッハの町のシンボル的存在となっている。1117~1174年まで、この町に住んだエプスタイン伯爵によって町の防衛、および税関施設として城塞の建設が行われ、現在の主塔の下の部分ができあがった。◇当時、「ブラウバッハ城」と呼ばれていたが、1231年にロマネスク様式の城として完成後、「マルクスブルク城」と呼ばれるようになった。その後も何度も改装されてゴシック様式ミックスし、15世紀にはヘッセン候の所有となってから砲台や城壁を備えた要塞に改造された。1900年にはヴィルヘルム2世の支援により、ドイツ古城協会(DBV)によって買い取られ、大規模な修繕が行われた。現在もドイツ古城協会の管理下にあり、同協会の本部が置かれている。城内では大広間、領主の寝室、台所、牢獄、武具の展示などが見学できる。世界遺産の一部となっている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone