コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルケン島 マルケントウ

2件 の用語解説(マルケン島の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マルケン‐とう〔‐タウ〕【マルケン島】

Markenオランダアイセル湖にある小島。1957年に堤防により陸続きとなった。民族衣装跳ね橋の景観で知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルケン島
まるけんとう
Marken

オランダ西部、アイセル湖南西岸にある小島で、ノールト・ホラント州に属する。人口2021(1990)。アイセル湖でのウナギ漁などに従事する漁村であったが、1957年に本土との間に長さ2500メートルの堤防が建設されて陸続きとなってからは観光地化が進んだ。緑と白で塗った木造の家、古い灯台や跳ね橋の景観、赤い縞(しま)模様のブラウスに黒いスカートという民族衣装に特色があり、木靴の製造も行われている。[長谷川孝治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルケン島の関連キーワードフォーレンダム

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone