マルコス アギニス(英語表記)Marcos Aguinis

現代外国人名録2012の解説

マルコス アギニス
Marcos Aguinis


国籍
アルゼンチン

専門
作家;神経外科医;精神分析家

生年月日
1935

出生地
アルゼンチン コルドバ

経歴
作家、神経外科医、精神分析家として国内外で活躍。音楽、歴史、芸術にも通じ、多才な経歴を持つ。軍事政権時代に発禁処分となった小説「逆さの十字架」はベストセラーとなり、ラテンアメリカの作家として初めてスペインのプラネータ賞を受賞した。著作はドイツ語、ポルトガル語、ヘブライ語、中国語にも翻訳されている。他の小説に「亡命者たち―あるパレスチナ難民の記録」「マラーノの武勲」「天国への襲撃」、エッセイに「罪神礼讃」など多数。

受賞
フランス芸術文化勲章シュヴァリエ章 プラネータ賞(スペイン);ブエノスアイレス賞;アルゼンチン作家協会名誉賞〔1995年〕;テルアビブ大学名誉博士号〔2002年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android