コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチベンダーマシン方式 マルチベンダーマシンほうしきmulti-vendor machine supply

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチベンダーマシン方式
マルチベンダーマシンほうしき
multi-vendor machine supply

複数のメーカーやベンダー (販売業者) からコンピュータや周辺機器を導入する方式。一つのメーカーの製品ですべてをまかなうシングルベンダーマシン方式と違い,競争によるコストダウンが期待できる。また事務処理,技術計算など,業務内容によって異なるメーカーを選ぶことができる。機種が異なっても相互に接続できるオープンシステムやLANの普及により,異なったメーカーのコンピュータがつなげられるようになったことから,この方式が広まっている。ただし運用や管理が複雑になるという欠点があるため,システムを構築する業者がマルチベンダー環境の維持に携わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android