コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチメディアカード まるちめでぃあかーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

マルチメディアカード

ドイツのSiemens社と米SanDisk社が開発したメモリーカードのひとつ。現在、MultiMediaCard Associationが規格の開発維持を行っている。サイズは、32mm×24mm×1.4mmで容量は、仕様上は4GBまで拡張可能となっている。SDメモリーカードとの互換性があり、SDメモリーカードのスロットでマルチメディアカードを利用できることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

マルチメディアカード

Multi Media Card、MMCと略す。ドイツ・シーメンス社とアメリカ・サンディスク社の共同開発による小型で薄型の フラッシュメモリーカード 。翌年の1998年には業界団体のMMCA(Multi Media Card Association)が組織され、さらなる規格の策定を行っている。サイズは SDカード と同じで32×24mmだが、厚みが1.4mmしかない。このためSDカードのスロットにはMMCカードが使用できるが、逆の使用はできない。当初は容量が小さく、また1999年に互換性のあるSDメモリーカードが開発され、いったんはなりをひそめる。  しかしMMCA 4.1規格に準拠したMMC Plusの登場でがぜん脚光を浴びることになった。というのも、MMC Plusに準拠したRMMCなどと呼ばれる製品(右写真)の最大転送速度が52MB/s(メガバイト/秒)と非常に高速だからだ。しかも普及が進めば価格もSDメモリーカードを下まわる可能性も大。近い将来、SDメモリーカードにとって代わるかもしれない。なお、MMC Plusより小さいMMC mobile(18×24×1.4mm)、MMC micro(12×14×1.1mm)もある。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

マルチメディアカードの関連キーワードUDACセキュアMMCRSLUMIX

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android