コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチ糸 マルチいとmultifilament yarn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルチ糸
マルチいと
multifilament yarn

レーヨン糸などで,糸を構成するフィラメント (単繊維) の数が多いものをいう。たとえばレーヨン糸の場合,120デニールのものでフィラメントは普通 30本程度であるが,マルチ糸では 50~60本で構成されている。同径の同材質の糸と比較しフィラメントの繊度が小さく本数が多いため柔軟で光沢は温和である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マルチいと【マルチ糸 multifilament yarn】

マルチフィラメント糸の略。化学繊維の長繊維(フィラメント)はたくさんの孔をもつ紡糸口金から数十本の繊維束として紡糸されるが,この繊維の束に下撚り(より)をかけて単糸とする。衣料に使われるフィラメント糸は,化学繊維も絹もほとんどマルチフィラメント糸である。マルチ糸に対して1本の繊維からできているモノフィラメントがあり,これはストッキングや釣糸などに使われる。【瓜生 敏之】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android