マンガレイ族(読み)マンガレイぞく(英語表記)Manggarai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガレイ族
マンガレイぞく
Manggarai

インドネシア,小スンダ列島のフロレス島西部の住民。人口約 40万と推定される。マレー系であるが部分的にパプア諸族の特徴もみられる。言語はオーストロネシア語族に属する。焼畑農耕による陸稲や雑穀栽培を主たる生業とし,水牛,馬,豚,鶏などの家畜を有している。親族組織は父系で,特に貴族リニージ内では,非対称的縁組制度 (外婚制父系氏族間で一方向に女性が交換される制度) が行われた。 17世紀初めには,すでに村落をこえたレベルの政治組織を発展させていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android