コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダン Mandan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンダン
Mandan

アメリカ合衆国,ノースダコタ州中南部の都市。ミズーリ川をへだててビスマークの対岸にある。ノーザン・パシフィック鉄道の開通した 1881年に入植,地名はこの地方の先住民であるインディアンの部族名による。牧牛地域であったが,コムギ,酪農など多角的農業が発達した。工業は建築用ブロック,酪製品などがおもで,家畜のせり市が開かれる。付近に褐炭の産地がある。人口1万 5177 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンダンの関連キーワードストーン(Oliver Stone)ドライビング Miss デイジースター・ウォーズ/ジェダイの試練アメリカ・インディアンオジャンタ ウマラオリバー ストーンシャイアン(民族)アメリカ合衆国コマンダンテヌートカ族ヒダツァ族福沢良一

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マンダンの関連情報