コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マークI戦車 マークいちせんしゃMark I tank

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マークI戦車
マークいちせんしゃ
Mark I tank

イギリスが開発した世界で最初の戦車。第1次世界大戦中の 1916年9月 15日,西部戦線ソンムの戦いに投入され,ドイツ軍をパニックに陥れた。「タンク」の名称は,スパイの目を逃れるため当初「水タンク」と称したことによる。マークI戦車には,車体の両側に 57mm砲を搭載した雄型と機関銃だけ搭載した雌型 (6門搭載) がある。雄型の主要目は,乗員8,全備重量 28.5t,全長約 9.75m (尾輪を含む) ,最高時速 6km,武装 57mm砲2。機銃4。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マークI戦車の関連キーワード戦車[現代]A

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android