コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マートゥリーディー al‐Māturīdī

2件 の用語解説(マートゥリーディーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マートゥリーディー【al‐Māturīdī】

?‐944
イスラムの神学者。アシュアリー派とともにスンナ派神学を代表するマートゥリーディー派の祖。生涯についてはあまり知られていない。マー・ワラー・アンナフルで活躍し,サマルカンドで没。この派の活動はおおむねこの地方に限定されている。神の絶対性を強調するアシュアリー派に対して,人間の理性を相対的にやや重視するのがおもな相違点である。【中村 広治郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マートゥリーディー
まーとぅりーでぃー
al-Mturd
(?―944)

イスラムの神学者。中央アジアのサマルカンド近郊に生まれる。生涯についてはあまり知られていない。同時代の神学者アシュアリーと同じく、ムゥタジラ神学を批判しながら今日のスンニー派イスラム神学の基礎を築いた。中央アジアで活躍し、そこにマートゥリーディー派とよばれる神学派を形成した。人間の行為における自由意志を認めたりする点で、アシュアリーとは対立する。主著に『タウヒード論』がある。[松本耿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マートゥリーディーの関連キーワードアリーカーディーイブンハズムイブンルシュド汎イスラム主義イスライスラム聖戦機構イブンタイミーヤリアシュアランスイスラム神学校と公教育

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone