コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マートゥリーディー al‐Māturīdī

世界大百科事典 第2版の解説

マートゥリーディー【al‐Māturīdī】

?‐944
イスラムの神学者。アシュアリー派とともにスンナ派神学を代表するマートゥリーディー派の祖。生涯についてはあまり知られていない。マー・ワラー・アンナフルで活躍し,サマルカンドで没。この派の活動はおおむねこの地方に限定されている。神の絶対性を強調するアシュアリー派に対して,人間の理性を相対的にやや重視するのがおもな相違点である。【中村 広治郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マートゥリーディー
まーとぅりーでぃー
al-Mturd
(?―944)

イスラムの神学者。中央アジアのサマルカンド近郊に生まれる。生涯についてはあまり知られていない。同時代の神学者アシュアリーと同じく、ムゥタジラ神学を批判しながら今日のスンニー派イスラム神学の基礎を築いた。中央アジアで活躍し、そこにマートゥリーディー派とよばれる神学派を形成した。人間の行為における自由意志を認めたりする点で、アシュアリーとは対立する。主著に『タウヒード論』がある。[松本耿郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マートゥリーディーの関連キーワードイスラム教

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android