マーリク・イブン・アナス(読み)まーりくいぶんあなす(英語表記)Mālik ibn Anas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マーリク・イブン・アナス
まーりくいぶんあなす
Mālik ibn Anas
(710ころ―795)

イスラム法学形成期の法学者で、四大法学派の一つマーリキー学派の始祖である。彼の著『アル・ムワッタ』(踏みならされた道)はイスラム法学の古典の一つである。彼の法学の特徴は「個人の意見」(ラアイ)を極力避け、メディナの慣行を重視した点にある。メディナは預言者が活躍した町なので、イスラム以前の慣行も預言者に否定されずに残存した限り、その慣行はイスラム的規範として承認された預言者のスンナ(範例)である、という考えに基づいている。

[小田淑子 2018年4月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マーリク・イブン・アナス
Mālik ibn Anas

[生]715頃
[]795. メジナ
イスラムの法学者。メジナ学派の代表的学者で,イスラム正統派に属する四大法学派の一つ,マーリキー派の創始者。主著『踏みならされた道』 al-Muwaṭṭa'。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android