コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミアス ミアスMiass

2件 の用語解説(ミアスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミアス
Miass

ロシア中西部,チェリャビンスク州の都市。州都チェリャビンスクの西南西約 90km,ウラル山脈南部東斜面にあり,ミアス川にのぞむ。 1773年銅精錬所がつくられたことに始り,のち鉄冶金も行われるようになった。自動車,電機,滑石加工,木材加工などの工業があり,付近で金の採掘が行われている。北東方にイリメンスキー自然保護区がある。チェリャビンスクと鉄道,ハイウェーで連絡。人口 15万1812(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミアス
みあす
Миасс Miass

ロシア連邦、ウラル地方、チェリャビンスク州の工業都市。人口16万6900(1999)。ウラル山脈南部東麓(とうろく)、ミアス川沿いに位置する。18世紀後半に冶金(やきん)工場がつくられたのが市の始まりで、現在、自動車、電気器具、滑石加工業が主要工業である。市の北東部にはイリメンスキー鉱物保護区が設けられている。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミアスの関連情報