ミクロゾーム(英語表記)microsome

翻訳|microsome

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロゾーム
みくろぞーむ
microsome

組織をすりつぶした懸濁液を遠心分離する際に、核やミトコンドリアを取り除いたのち、超遠心(10万で1時間)によって沈殿するリボ核酸(RNA)の多い分画をいう。ミクロソームともよぶ。1946年、ベルギー生まれの細胞生物学者クロードAlbert Claudeが命名した。ミクロゾームの中には、粗面小胞体、滑面小胞体、ゴルジ装置の膜、破砕した細胞膜が含まれる。したがって、ミクロゾームは生きた細胞の中に存在する特定の細胞小器官ではなく、細胞の分画操作の際に得られる人工産物である。細胞の全RNAの50~60%、高濃度の脂質および数種の酵素タンパクを含む。[小林靖夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

HUAWEI

スマートフォン、タブレット、PC等のハードウエア製造、販売の他、通信事業者向けネットワーク事業も手掛ける中国の民間企業。1987年に中国深●(しんせん)で設立された。中国語表記では「華為技術」。200...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android