コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロゾーム ミクロゾーム microsome

翻訳|microsome

2件 の用語解説(ミクロゾームの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ミクロゾーム(microsome)

細胞原形質中の小さな粒。主に小胞体とリボゾームからなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミクロゾーム
みくろぞーむ
microsome

組織をすりつぶした懸濁液を遠心分離する際に、核やミトコンドリアを取り除いたのち、超遠心(10万で1時間)によって沈殿するリボ核酸(RNA)の多い分画をいう。ミクロソームともよぶ。1946年、ベルギー生まれの細胞生物学者クロードAlbert Claudeが命名した。ミクロゾームの中には、粗面小胞体、滑面小胞体、ゴルジ装置の膜、破砕した細胞膜が含まれる。したがって、ミクロゾームは生きた細胞の中に存在する特定の細胞小器官ではなく、細胞の分画操作の際に得られる人工産物である。細胞の全RNAの50~60%、高濃度の脂質および数種の酵素タンパクを含む。[小林靖夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミクロゾームの関連キーワード仮足筋小胞体原形質小胞体生体膜原形質運動ER滑面小胞体原形質融合粗面小胞体

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone