コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロフォトメーター microphotometer

1件 の用語解説(ミクロフォトメーターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロフォトメーター【microphotometer】

微小物体,または物体の微小部分の光に対する透過率(または反射率)を測定する装置。分光写真器で撮影した発光体のスペクトル写真について,乾板上のスペクトル各部分の黒化度を測定する装置のほか,微小結晶,細胞内物質その他を光学的に定性,または定量分析する顕微分光装置も含まれる。光源の光を適当な色フィルター,またはモノクロメーターにより単色化し,ピンホールで細い光線束に絞り,顕微鏡の光学系を逆に用いて接眼レンズのほうから通して対物レンズの先にピンホールの縮小した像を結ばせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミクロフォトメーターの関連キーワード慣性モーメント積分風圧マッハ波対物微小微小体小部分慣性モーメントの定理サンヴナンの原理

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone