コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミクロフォトメーター microphotometer

世界大百科事典 第2版の解説

ミクロフォトメーター【microphotometer】

微小物体,または物体の微小部分の光に対する透過率(または反射率)を測定する装置。分光写真器で撮影した発光体スペクトル写真について,乾板上のスペクトル各部分の黒化度を測定する装置のほか,微小結晶,細胞内物質その他を光学的に定性,または定量分析する顕微分光装置も含まれる。光源の光を適当な色フィルター,またはモノクロメーターにより単色化し,ピンホールで細い光線束に絞り,顕微鏡の光学系を逆に用いて接眼レンズのほうから通して対物レンズの先にピンホールの縮小した像を結ばせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android