大場(読み)オオバ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ば〔おほ‐〕【大場】

[名]
広い場所。
囲碁で、1着で地を大きく囲うことのできる点。「大場を占める」
人のにぎわう場所。
「―にすめる商人の心だま」〈浮・胸算用・五〉
大庭(おおにわ)1」に同じ。
「天皇、旧宮(ふるみや)の安殿の―に宴(とよのあかり)きこしめす」〈天武紀〉
[形動ナリ]気持ちや動作が、大きくてこせつかないさま。
「芸―にしてよし」〈伎・壬生大念仏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおば【大場】

( 名 )
広い場所。
囲碁の序盤で、まだ石の打たれていない盤上の広い場所。
能で、晴れやかな場所。
大きな町。都会。 「我を見しらぬ他国の-に住居して/浮世草子・新可笑記 2
大庭おおにわ」に同じ。
( 形動ナリ )
(芸や態度が)大きな舞台にふさわしいさま。 「荒事花々しくして第一芸-にしてよし/歌舞伎・壬生大念仏」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ば おほ‥【大場】

[1] 〘名〙
① 広く大きな場所。大場所。
※虎明本狂言・通円(室町末‐近世初)「さばかりの大ばなれ共いっきものこらずたてかけたてかけ」
② 人のにぎわう場所。大都会。
浮世草子・新可笑記(1688)二「我を見しらぬ他国の大場に住居して」
③ 芝居で最も見ごたえのある場面。
※人情本・祝井風呂時雨傘(1838)一七回「其の幕が此度の大場(オホバ)だと」
④ 花札の遊びで、場に柳、桐以外の二〇点札が出ること。⇔小場(こば)
⑤ 囲碁で、大きな利益を得るために、必ず石を置くべき場所。
[2] 〘形動〙 おおようで、こせこせしないさま。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)京「大気を出して、万大場(オホバ)にさばき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大場の関連情報