モノクロメーター

化学辞典 第2版の解説

モノクロメーター
モノクロメーター
monochromator

入射光のなかから単色化された任意の波長の光を取り出すのに用いられる分光器をいい,プリズム型,回折格子型,および両者併用型に大別される.出口および入口スリット,コリメーター,およびそのほかのレンズ,鏡類とプリズムあるいは回折格子からなる.分光光度計の主要部分として,いろいろな波長範囲および分解能をもつものが非常に広汎に用いられているほか,これ自身が分光器としていろいろな機器に組み込まれて,光吸収あるいは発光スペクトルの解析や,逆に適当な光源とともにフィルターとして利用される場合もある.プリズム型は60°型のものが主として可視および近紫外光に対して用いられ,一方,回折格子型はこの領域だけでなく,より広い範囲の光に対して用いられ,これには透過型と反射型がある.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モノクロメーター【monochromator】

光をスペクトルに分散させるためのプリズムまたは回折格子を備えた分光器の一種。スペクトル像を得るのが目的ではなく,その一部分を細いスリットを通して取り出し所要波長の単色光を得る目的の装置で単色光器ともいう。そのため,取り出す単色光の波長を変えてもその光ビームの位置や方向が変わらないような光学系を用いる。単色光に対する物体の反射,透過,散乱光化学反応などを調べる分光測定装置の主要部分として用いられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のモノクロメーターの言及

【分光器】より

… (1)分光写真器spectrograph 分光光学系のスペクトル焦点面上に写真感光材(乾板,フィルムなど)をセットし,目的とする波長域のスペクトル写真を撮る装置。(2)モノクロメーターmonochromator 分光光学系のスペクトル焦点面位置にスリットを置き,目的とする波長の光パワー(スペクトル素分)を随時取り出せるようにした装置で,単色光器ともいう。スペクトル像とスリット間に波長方向に連続相対運動を与え,スペクトル素分を逐次取り出すこともできる。…

【分光器】より

… (1)分光写真器spectrograph 分光光学系のスペクトル焦点面上に写真感光材(乾板,フィルムなど)をセットし,目的とする波長域のスペクトル写真を撮る装置。(2)モノクロメーターmonochromator 分光光学系のスペクトル焦点面位置にスリットを置き,目的とする波長の光パワー(スペクトル素分)を随時取り出せるようにした装置で,単色光器ともいう。スペクトル像とスリット間に波長方向に連続相対運動を与え,スペクトル素分を逐次取り出すこともできる。…

※「モノクロメーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android