コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モノクロメーター モノクロメーターmonochromator

3件 の用語解説(モノクロメーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モノクロメーター(monochromator)

分光器の一。白色光や複合光などをプリズム回折格子で分散させ、任意の波長成分のみを単色光として分離する。単色計。単色光器

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モノクロメーター【monochromator】

光をスペクトルに分散させるためのプリズムまたは回折格子を備えた分光器の一種。スペクトル像を得るのが目的ではなく,その一部分を細いスリットを通して取り出し所要波長の単色光を得る目的の装置で単色光器ともいう。そのため,取り出す単色光の波長を変えてもその光ビームの位置や方向が変わらないような光学系を用いる。単色光に対する物体の反射,透過,散乱,光化学反応などを調べる分光測定装置の主要部分として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のモノクロメーターの言及

【分光器】より

… (1)分光写真器spectrograph 分光光学系のスペクトル焦点面上に写真感光材(乾板,フィルムなど)をセットし,目的とする波長域のスペクトル写真を撮る装置。(2)モノクロメーターmonochromator 分光光学系のスペクトル焦点面位置にスリットを置き,目的とする波長の光パワー(スペクトル素分)を随時取り出せるようにした装置で,単色光器ともいう。スペクトル像とスリット間に波長方向に連続相対運動を与え,スペクトル素分を逐次取り出すこともできる。…

【分光器】より

… (1)分光写真器spectrograph 分光光学系のスペクトル焦点面上に写真感光材(乾板,フィルムなど)をセットし,目的とする波長域のスペクトル写真を撮る装置。(2)モノクロメーターmonochromator 分光光学系のスペクトル焦点面位置にスリットを置き,目的とする波長の光パワー(スペクトル素分)を随時取り出せるようにした装置で,単色光器ともいう。スペクトル像とスリット間に波長方向に連続相対運動を与え,スペクトル素分を逐次取り出すこともできる。…

※「モノクロメーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone