コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサオノキ(操の木) ミサオノキRandia cochinchinensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサオノキ(操の木)
ミサオノキ
Randia cochinchinensis

アカネ科の常緑低木。東アジアインドオーストラリアに広く分布し,西日本暖地山地に生える。幹は高さ2~3mでとげはない。全体に無毛で,葉は柄があって対生し,長さ7~10cmの長楕円形で先はとがり,革質光沢がある。5~6月に,葉腋から集散花序を出す。花序の柄は短い。萼は小さくて4裂し,花冠は黄色でつぼみのときにはねじれている。核果は丸く黒熟し,翌春まで残る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミサオノキ(操の木)の関連キーワードアカネ科

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android