コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシシッピ・バレー型鉱床 ミシシッピバレーがたこうしょう Mississippi Valley‐type deposit

1件 の用語解説(ミシシッピ・バレー型鉱床の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミシシッピバレーがたこうしょう【ミシシッピ・バレー型鉱床 Mississippi Valley‐type deposit】

石灰岩,ドロストーンなどの炭酸塩岩中に存在する低温熱水性交代鉱床。普通3~10%の鉛・亜鉛を含み,ときに蛍石や重晶石も採掘の対象となる。アメリカミシシッピ川流域に多くの鉱床が発見されているのでこの名がある。ほかに,カナダアイルランドヨーロッパアルプス地域,アフリカ北部などに産出するが日本では産出例がない。石油や蒸発岩を含む厚い堆積盆の周辺に分布することが多く,鉱床生成に関係するような火成活動は一般に認められない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミシシッピ・バレー型鉱床の関連キーワードドロストーンアファニックリソクラストグレーンストーンワッケストーン礁石灰岩バウンドストーンレセプター石灰岩マルモライト炭酸塩岩脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone