コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシシッピ・バレー型鉱床 ミシシッピバレーがたこうしょうMississippi Valley‐type deposit

1件 の用語解説(ミシシッピ・バレー型鉱床の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミシシッピバレーがたこうしょう【ミシシッピ・バレー型鉱床 Mississippi Valley‐type deposit】

石灰岩,ドロストーンなどの炭酸塩岩中に存在する低温熱水性交代鉱床。普通3~10%の鉛・亜鉛を含み,ときに蛍石や重晶石も採掘の対象となる。アメリカミシシッピ川流域に多くの鉱床が発見されているのでこの名がある。ほかに,カナダアイルランドヨーロッパアルプス地域,アフリカ北部などに産出するが日本では産出例がない。石油や蒸発岩を含む厚い堆積盆の周辺に分布することが多く,鉱床生成に関係するような火成活動は一般に認められない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone