コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミシシッピ・バレー型鉱床 ミシシッピバレーがたこうしょうMississippi Valley‐type deposit

世界大百科事典 第2版の解説

ミシシッピバレーがたこうしょう【ミシシッピ・バレー型鉱床 Mississippi Valley‐type deposit】

石灰岩,ドロストーンなどの炭酸塩岩中に存在する低温熱水性交代鉱床。普通3~10%の鉛・亜鉛を含み,ときに蛍石重晶石採掘の対象となる。アメリカのミシシッピ川流域に多くの鉱床が発見されているのでこの名がある。ほかに,カナダ,アイルランドヨーロッパのアルプス地域,アフリカ北部などに産出するが日本では産出例がない。石油や蒸発岩を含む厚い堆積盆の周辺に分布することが多く,鉱床生成に関係するような火成活動は一般に認められない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミシシッピ・バレー型鉱床の関連キーワード鉛・亜鉛鉱床堆積鉱床石灰岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android