コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズガルズ蛇 ミズガルズへび

百科事典マイペディアの解説

ミズガルズ蛇【ミズガルズへび】

北欧神話に出てくる巨蛇。Miδgarδsormr。ヨルムンガンド(〈巨大な杖〉の意)とも呼ばれるロキが巨人の女との間にもうけた子で,オーディンが海に投げ込んだところ,成長して大地を一巻きするに至り,世界終末の日には陸に上がってきてトールと戦い共倒れになる。
→関連項目ラグナレク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ミズガルズ蛇の関連キーワードバーガル島ボーアル島ガスムロス愛染明王ギャルソンエプロンスールダースインパクトファクター

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone