コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズタマカビ(水玉黴) ミズタマカビPilobolus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズタマカビ(水玉黴)
ミズタマカビ
Pilobolus

藻菌類接合菌類ケカビ目ミズタマカビ科。一名マグソカビ (馬糞黴) 。7種が知られている。ウマ,ウシ,ヤギなど草食動物の糞で,排出されてから1日以上を経たものに特異な形の胞子嚢柄が現れる。この菌の胞子は経口的に糞塊に混入しており,その中できわめて細い菌糸から成る菌体として成長するが,糞塊の表面近くに球形ないし卵形の栄養細胞を生じ,やがてそこから空気中に胞子嚢柄が伸長する。胞子嚢柄は小さな種で高さ 1mm弱,大きな種で約 7cmに伸び,透明。配偶子嚢接合による有性生殖も知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android