ミソガワソウ(味噌川草)(読み)ミソガワソウ(英語表記)Nepeta subsessilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミソガワソウ(味噌川草)
ミソガワソウ
Nepeta subsessilis

シソ科の多年草北海道本州四国に分布し,深山の湿った斜面にしばしば群落をつくって生える。茎は高さ 60~100cmとなって直立し,方形で太い。葉は対生し,長さ6~15cmの長卵形で,短い柄がある。7~8月に,茎頂葉腋に長さ2~3cmの紫色唇形花数個ずつ輪生状につける。植物体全体に異臭がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android