コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミソガワソウ(味噌川草) ミソガワソウNepeta subsessilis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミソガワソウ(味噌川草)
ミソガワソウ
Nepeta subsessilis

シソ科の多年草北海道本州四国に分布し,深山の湿った斜面にしばしば群落をつくって生える。茎は高さ 60~100cmとなって直立し,方形で太い。葉は対生し,長さ6~15cmの長卵形で,短い柄がある。7~8月に,茎頂葉腋に長さ2~3cmの紫色唇形花数個ずつ輪生状につける。植物体全体に異臭がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミソガワソウ(味噌川草)の関連キーワードシソ科

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android