コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミタークシャラー学派 ミタークシャラーがくはMitākṣarā

世界大百科事典 第2版の解説

ミタークシャラーがくは【ミタークシャラー学派 Mitākṣarā】

インドの2ヒンドゥー法学派の一つ。1120年ごろ,デカンのカルヤーナに都したチャールキヤ朝ビクラマーディティヤ6世の大臣であったビジュニャーネーシュバラVijñāneśvaraの法律書《ミタークシャラー》に基づく学派。この書は《ヤージュニャバルキヤ法典》の注釈書で,ダルマ・シャーストラに基づきながら,8世紀以後の諸注釈を検討して,デカンの社会に適合した法規定,社会規範の体系を樹立した。権威書とされたこの書は,後世の法律書に大きな影響を与え,いくつもの注釈書が著された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミタークシャラー学派の関連キーワードダーヤバーガ学派

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android