ミッシング・リンク(読み)ミッシングリンク

百科事典マイペディアの解説

ミッシング・リンク

ヒトの由来に関する進化学説の誤解から推測された,ヒトと類人猿の中間に位置する生物。ヒトが実際に進化したものなら,〈生命の連鎖〉のどこかにミッシング・リンク(失われた環)がなければならぬと考えられ,アマチュアも含めて多くの人たちがそれの発見に狂奔した。今日では両者は共通の祖先から出たものであっても,ヒトが類人猿の直系の子孫ではないとされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミッシング・リンクの関連情報