コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバオウレン(三葉黄連) ミツバオウレンCoptis trifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミツバオウレン(三葉黄連)
ミツバオウレン
Coptis trifolia

キンポウゲ科の常緑多年草。北海道,本州 (中部以北) ,東アジア北部の亜寒帯北アメリカに広く分布し,高山や針葉樹林下に生える。根茎はオレンジ色の糸状で,細い根をひいて広がる。葉は長い柄をもって根生する3出複葉。小葉は長さ1~2cmの倒卵状菱形で,葉脈に沿って細毛が生える。6~8月,高さ5~10cmの花茎の先に径1~1.5cmの白色花を1個つける。花茎の上半部には小型の包葉 1~2片がつく。萼片5枚は白色で水平に開き花弁状,花弁5個は退化してさじ形となる。おしべは多数あり,花柱鉤形袋果は有柄で放射状に並ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android