コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミドロージアンの心臓 ミドロージアンのしんぞう The Heart of Midlothian

1件 の用語解説(ミドロージアンの心臓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミドロージアンのしんぞう【ミドロージアンの心臓 The Heart of Midlothian】

イギリスの小説家W.スコットの代表作。1818年刊。ミドロージアンはスコットランドの州で,題名はエジンバラを指す場合もあるが,この作品ではエジンバラにある牢獄の通称。18世紀に起こったエジンバラの暴動を背景に,貧しい農民の娘ジーニー・ディーンズが嬰児殺しの嫌疑で投獄された妹の生命を救うためにさえ虚偽の証言を拒む凜(りん)とした良心と,ただ一人ロンドンに旅し,王妃に直訴して刑の赦免を得る勇気と愛情を描き,スコットランド民衆の中にあるプロテスタントの廉直と深い愛情を真の典型として創造した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のミドロージアンの心臓の言及

【スコット】より

…スコットの二十数編の小説は〈《ウェーバリー》の著者〉という匿名で出版されたため,一括して〈ウェーバリー小説〉と呼ばれる。初期のものは最高傑作《ミドロージアンの心臓》(1818)のほか《ガイ・マナリング》(1815),《好古家》(1816),《ラマームーアの花嫁》(1819)など,すべてスコットランドの近い過去を題材とし,貴族から浮浪者までの社会各層の人物を活写する民族的記憶の文学といえる。スコットは続いて《アイバンホー》(1820)で中世のイングランドを舞台とし,その後15世紀フランス,エリザベス女王の宮廷などを描いたが,これらは歴史を写実的にとらえるよりも,むしろロマンティックな冒険物語の色彩が強い。…

※「ミドロージアンの心臓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミドロージアンの心臓の関連キーワードスコティッシュ・テリアピーコックイギリス国教会イギリス巻スコット記念碑南極交響曲ディアハウンドイギリス鞍 (English saddle)スコットランド風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミドロージアンの心臓の関連情報