コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミノア文字(読み)ミノアもじ

大辞林 第三版の解説

ミノアもじ【ミノア文字】

紀元前二〇~前一二世紀に、エーゲ文明で使用された文字の総称。古い順に絵文字・線文字 A ・線文字 B の3種があり、粘土板に記されている。線文字 B 以外は未解読。クレタ文字。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のミノア文字の言及

【線文字B】より

…エバンズにより名づけられたミノア文字(絵文字,線文字A・Bに大別)のうち,最も新しい書体で,前16~前12世紀にかけて使用された。ミュケナイ文字ともいわれ,おもに粘土板や壺に書かれたものが現存している。…

※「ミノア文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android