コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミカキグサ(耳掻草) ミミカキグサUtricularia bifida; bladderwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミミカキグサ(耳掻草)
ミミカキグサ
Utricularia bifida; bladderwort

タヌキモ科の小型の多年草で食虫植物の1種。アジア東部から南部にかけてと,オーストラリアの温帯から熱帯に分布し,湿地に生える。白色の糸状の地下茎を浅い泥中に伸ばす。葉は長さ数 mmの小さな線形で緑色,地下茎からまばらに出て,基部に捕虫嚢を1~2個つける。夏から秋に,少数の膜質の鱗片葉をもつ7~15cmの花茎を直立し,上部に総状花序をなして黄色花を数個つける。萼は2片に分れ,花冠は径4~5mmで距があり,前面は仮面状に開いて下側の唇弁が大きくふくれている。花後に萼は大きさを増して果実を包み,耳かき状になるのでこの名がある。近縁種に花が淡紫色のムラサキミミカキグサ U. yakusimensis,数個の紫花をやや密に穂状につけるホザキノミミカキグサ U. racemosaなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミミカキグサ(耳掻草)の関連キーワードホザキノミミカキグサタヌキモ類タヌキモ科

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android