コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミミルの泉(読み)みみるのいずみ(英語表記)Mimisbrunnr

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミミルの泉
みみるのいずみ
Mimisbrunnr

北欧神話に現れる泉。『スノッリのエッダ』の「ギュルビたぶらかし」によれば、トネリコの大樹イグドラシルの根の一つが霜の巨人の所に達していて、その根の下にミミルの泉がある。この泉の持ち主はミミルという巨人で、知恵の固まりだが、それはミミルがこの泉の水を毎日ギャラルホルンという角杯(つのさかずき)で飲んでいるからであった。主神オーディンは、自分の目と引き換えにミミルの水を一口飲んで知恵と知識を得たが、これは泉を神聖視するゲルマン人の信仰と、賢者ミミルの伝説が結び付いたものと思われる。[谷口幸男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android