ミャークニー

百科事典マイペディアの解説

ミャークニー

沖縄諸島の抒情歌。ナークニーとも。14世紀末頃,宮古から伝わったとされる。もとは庶民のあらゆる生活の場で歌われた男女間の掛歌であったが,〈毛遊び〉(毎晩おこなわれる若い男女の野遊び)などを通じて技巧的な三線の伴奏がつき,切々とした情愛を訴える歌になった。一定の旋律骨組として,各人各様に想いを込めて自由に歌う。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android