コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛遊び もうあそび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛遊び
もうあそび

沖縄ので青年男女が夜間野外で行なった交際習俗。「毛」は野原,「遊び」は歌と踊りのことで,海岸の村では遊びが浜辺で行われていたので,浜遊びとも呼ばれた。参加資格は男子が 17歳から 25歳,女子は 15歳から 22歳までの未婚者に限られた。おもに男たちが弾く三線太鼓の音に合せて,娘たちが歌い踊り,さらに好きな者同士が一夜をともにすることもあって,若い男女の重要な交際の機会であった。沖縄本島では明治末期まで,離島では大正末期頃まで行われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

毛遊び【もうあそび】

琉球諸島の遊び。〈もう〉は野の意。15歳ごろから結婚前までの村の若い男女が野原で三線(さんしん)にあわせて歌い踊るもので,配偶者を選ぶ社交の場として機能した。→歌垣
→関連項目ミャークニー

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もうあそび【毛遊び】

琉球諸島で,若い男女が夜,村から離れた野原などに出て,歌をうたい,踊をおどって楽しむ習慣。方言でモーアシビーという。モーは野原の意で,村の辻の広場に集まるのを,アジマー(辻)遊びともいう。若者が夜,外に出て遊ぶ風習は各地にあったが,毛遊びはまとまった野外の集いの形をとっているところに特色がある。若者や娘が仲間どうしで寝泊りする若者宿や娘宿の習俗の一形態で,一人前と認められる15歳ごろから結婚するまでの間参加する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

毛遊びの関連キーワードキース ゴードンジョン テイラーもうあそび島うた後れ毛