コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミヤマスミレ(深山菫) ミヤマスミレViola selkirkii

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミヤマスミレ(深山菫)
ミヤマスミレ
Viola selkirkii

スミレ科の多年草北半球温帯から寒帯に広く分布し,日本では中部地方以北の亜高山帯の樹林下に生える。葉は長い柄があって数枚根生し,広卵円形で葉身基部は深い心臓形をなし,縁にあらい鋸歯がある。葉面には細毛がまばらに生え,葉脈に沿って白斑が入るものがある。春,葉の間から長い花柄を出し,先端に淡紫色の花を単生する。萼片は5枚で披針形。花弁は5枚で左右対称をなし,側弁は通常無毛で唇弁には紫色の筋があり,後方に長い距がある。分布範囲が広いため,地方ごとに形態上の変異が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ミヤマスミレ(深山菫)の関連キーワードスミレ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android