コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュカレの戦 ミュカレのたたかい

世界大百科事典 第2版の解説

ミュカレのたたかい【ミュカレの戦】

第2回ペルシア戦争における前479年の合戦。古代の伝承では,プラタイアイの戦と同じ日に戦われたという。サラミスの海戦直後のアンドロス島会議ではギリシア連合の海上軍は,今後はペルシア帝国領において戦いを遂行するという積極策を打ち出し,前479年の春とともに出動したもののデロス島長期間とどまり,東進をためらっていた。そこへサモス島のペルシア抗戦派の代表がギリシア船隊の出動を要請して現れたため,これに応えての出撃となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のミュカレの戦の言及

【ペルシア戦争】より

… ほとんど無傷のままテッサリア地方で越冬したマルドニオス麾下のペルシア陸軍は,前479年の春とともに行動を起こし,アテナイを再び劫掠(ごうりやく)したのち,ギリシア連合軍をボイオティア地方のプラタイアイの野におびき寄せて殲滅(せんめつ)を計ったが,勝をあせって敗退した(プラタイアイの戦)。同じ頃,サモス島に出撃したギリシア連合の船隊は,ペルシア軍をミュカレ半島で破り(ミュカレの戦),〈第2回イオニア反乱〉を惹起させた。 これらの2回にわたるペルシア戦争でギリシアはペルシア軍を退け,それ以後,ペルシア軍のギリシア侵攻は生じなかった。…

※「ミュカレの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュカレの戦の関連キーワードクサンティッポスレオチュキデスサラミス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android