コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミール・カーシム Mīr Qāsim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミール・カーシム
Mīr Qāsim

インド,18世紀のベンガル太守 (→ナワーブ ) 。 1757年イギリス東インド会社の軍はプラッシーの戦いでベンガル太守シラージ・ウッダウラを破り,親英的なミール・ジャーファルを新太守に推し,彼を通じてベンガルにおけるイギリスの地位を強化しようとはかったが,イギリス側の誤りから彼を更迭してミール・カーシムを太守に推した。カーシムは太守の任につくと,イギリスの獲得したベンガルにおける覇権をくつがえそうとして,イギリスとの間に紛争を起し,63年両者の間で戦争が行われた。戦いはイギリス側の勝利に終り,これ以後ベンガル地方の植民地化が急速に進んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミール・カーシムの関連キーワードバクサルの戦いプラッシーブクサル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android