コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワーブ nawāb

翻訳|nawāb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナワーブ
nawāb

アラビア語 nā'ib (代官) の複数 nuwwābの転訛した語で,インドのイスラム王朝で地方長官 (太守) の意味に用いられた。特にムガル帝国で用いられたが,18世紀になってムガル中央権力が弱体化すると,各地方のナワーブが独立の政治権力化した。そのなかでもベンガル地方とアワド地方のナワーブは有名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナワーブ【nawāb】

アラビア語ナーイブnā’ibの複数形ヌッワーブnuwwābが転訛したことばで,〈代官,長官〉の意味。インドのムガル帝国では,地方の知事,代官の称号として用いられた。しかし,18世紀以降ムガル帝国の中央権力が衰え,各地の実力者が勢力をのばして事実上独立した状態になってくると,役職とは無関係にナワーブはまったくの称号と化し,実力者が勝手にみずから名のるようになった。それに伴い,当時インドに進出しつつあったイギリスは,各地方のナワーブと直接交渉した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナワーブの関連キーワードインシャー・アッラー・ハーンミール・ジャーファルチャンフー・ダロミール・カーシムプレームチャンドタールクダールカルナティックプラッシーの戦バクサルの戦いロヒルカンドデュプレクスロヒラ戦争サンバールチッタゴン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android