コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナワーブ ナワーブ nawāb

翻訳|nawāb

2件 の用語解説(ナワーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナワーブ
ナワーブ
nawāb

アラビア語 nā'ib (代官) の複数 nuwwābの転訛した語で,インドイスラム王朝で地方長官 (太守) の意味に用いられた。特にムガル帝国で用いられたが,18世紀になってムガル中央権力が弱体化すると,各地方のナワーブが独立の政治権力化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナワーブ【nawāb】

アラビア語ナーイブnā’ibの複数形ヌッワーブnuwwābが転訛したことばで,〈代官,長官〉の意味。インドのムガル帝国では,地方の知事,代官の称号として用いられた。しかし,18世紀以降ムガル帝国の中央権力が衰え,各地の実力者が勢力をのばして事実上独立した状態になってくると,役職とは無関係にナワーブはまったくの称号と化し,実力者が勝手にみずから名のるようになった。それに伴い,当時インドに進出しつつあったイギリスは,各地方のナワーブと直接交渉した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ナワーブの関連キーワードアラビア湾アラブ人ヨルダンリビアレバノンアラビア糊アラビアンライトアラビストシラビアラビアンロック

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone