コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミール・ダーマード Mīr Dāmād

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミール・ダーマード
Mīr Dāmād

[生]? アスタラバード
[没]1631. ナジャフ郊外
イランのイスラム教十二イマーム・シーア派の神学者,哲学者。イスラム哲学史では,彼をアリストテレス,ファーラービーに続く「第3の師」 al-mu`allim al-thālithと呼んでいる。ミール・ダーマードはスフラワルディーの照明哲学に基づき,イブン・シーナー思想を解釈する。トゥーシーがイブン・シーナーの思想から導出した存在の本源性 aṣālat al-wujūdの説に対して,本質の本源性 aṣālat al-māhīyahの説を立てた。彼は近世イランにおいて,イスラム哲学のさまざまな思想的遺産が総合され熟成していく過程の嚆矢といえる人物である。ムッラー・サドラーはこの人の弟子である。主著『炭火の書』 Kitāb al-qabasāt。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のミール・ダーマードの言及

【イスラム哲学】より

…このような哲学的営みは,シーア派の世界で保存され,とくに十二イマーム派の神学がスフラワルディーの照明哲学やイブン・アルアラビーの神智学を摂取し,単なる護教論としての神学からアカデミックな哲学へと発展を遂げていく。このような十二イマーム派哲学の形成に寄与した人は,ミール・ダーマードMīr Dāmād(?‐1631)である。さらにモッラー・サドラーは,ミール・ダーマードの業績を引き継ぎ,これを完成の域に到達させたのである。…

※「ミール・ダーマード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミール・ダーマードの関連キーワードアリストテレスペルシア哲学アラウィー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android