コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

埋忠明寿 うめただみょうじゅ

7件 の用語解説(埋忠明寿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

埋忠明寿
うめただみょうじゅ

[生]永禄1(1558)
[没]寛永8(1631).京都
桃山時代末期~江戸時代初期の代表的な刀工,鐔 (つば) 工。京都西陣に住む。埋忠派の始祖。橘氏,名は重吉または宗吉,通称彦次郎。別号は鶴峰。足利義昭に仕え,豊臣秀吉,秀次,徳川秀忠などの知遇を得たと伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うめただ‐みょうじゅ〔‐ミヤウジユ〕【埋忠明寿】

[1558~1631]桃山時代の刀工・鐔工(つばこう)。京都の人。埋忠家初代。新刀の開祖。特に刀身の彫り物にすぐれ、鐔作りでも象嵌(ぞうがん)色絵の技に巧みで「葡萄胡蝶文象嵌鐔」は有名。うめのただめいじゅ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

埋忠明寿【うめただみょうじゅ】

桃山〜江戸初期の刀工,鐔工(たんこう)。埋忠家の初代で,氏は橘,名は重吉,通称彦次郎。京都西陣に住んだ。新刀鍛冶(かじ)の開祖といわれる。鐔作(つばづくり)では象嵌(ぞうがん)色絵の技法にすぐれ,桃山芸術の華麗さを鐔の世界に導入した。
→関連項目鐔/鍔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

埋忠明寿 うめただ-みょうじゅ

1558-1631 織豊-江戸時代前期の装剣金工,刀工。
永禄(えいろく)元年生まれ。金,銀などの色金(いろがね)を多用した平象眼(ひらぞうがん)の技法で,絵画的なデザインの鐔(つば)を制作しその芸術性をたかめた。新刀(慶長以降の刀剣)の祖として知られ,短刀がおおい。豊臣家,徳川家などの御用をつとめた。寛永8年5月18日死去。74歳。京都出身。名は重吉,宗吉。通称は彦次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うめただみょうじゅ【埋忠明寿】

1558‐1631(永禄1‐寛永8)
桃山から江戸初期の刀工,鐔(たん)工。名を重吉,あるいは宗吉といい,通称を彦次郎,入道して明寿と称した。京都西陣に住んだ。埋忠家は刀の磨上,金象嵌(ぞうがん)の施入,拵(こしらえ)や金具の製作を組織的に行った工房であり,明寿はその指導的立場の人とみられ,足利義昭,豊臣家,徳川家の御用を務めたと伝えられる。刀剣においては刀身に玉追竜や不動明王などの図様を彫り,前時代にはない新生面をみせる。また門下に肥前忠吉安芸輝広らの逸材を出して,新刀(桃山時代以降の刀)の祖といわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

うめただみょうじゅ【埋忠明寿】

1558~1631) 安土桃山・江戸初期の金工・刀工。京都の白銀しろがね師埋忠家の統領。通称を彦次郎。鎺はばきなど白銀細工のほか、鐔つばの作では鉄をはじめ各種の色金を使用し、平象眼などに新機軸を開く。金家・信家とともに鐔の三作と称せられる。また、刀工としても新刀の開祖的存在。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

埋忠明寿
うめただみょうじゅ
(1558―1631)

安土(あづち)桃山時代から江戸時代初期に活躍した京埋忠派の金工。明欽(みょうきん)の子で三条宗近(むねちか)25世の孫と埋忠系図はいうが、もとより信憑(しんぴょう)性はない。通称を彦次郎、初め重吉または宗吉といい、のち明寿と号した。刀剣を製作して新刀(慶長(けいちょう)以来の刀剣の呼称)の祖と称されているが、刀剣製作は余技的なもので、不動尊、玉追龍などの刀身彫に力を注いだものとみられる。このように実用本位の刀剣から鑑賞的なものへと意識を変えた先覚者としての役割が、新刀の祖という敬称を与えたものであろう。現存する鐔(つば)の作品は、素銅、赤銅、真鍮(しんちゅう)、鉄などさまざまな地金を用いて、それに金、銀、赤銅、素銅などの色がねを象眼(ぞうがん)して、桃山風の大胆な構図で葡萄(ぶどう)文、枇杷(びわ)文、九年母(くねんぼ)文、松竹文などの文様を表している。また鉄地には透彫りをして雷(いかずち)文などの金象眼を施したものがある。そのほか、拵(こしらえ)(はばき)の製作、刀剣の磨(すり)上げなどの仕事に従事している。[小笠原信夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の埋忠明寿の言及

【金属工芸】より


[近世から近代へ]
 桃山時代から江戸時代初期には,釘隠(くぎかくし)や襖の引手など建築金物と,刀剣装具にみるべきものが多い。この時代の装剣金工家として,天正大判を作った後藤家5代徳乗,真鍮地の鐔に金,銀,赤銅(しやくどう)などを象嵌して独自の作風をあらわした埋忠(うめただ)明寿,布目象嵌で細密な技巧を示した林又七らがいる。これに続いて横谷宗珉,土屋安親,奈良利寿(としなが)などの名工が現れた。…

【鐔∥鍔】より

…桃山時代に入り,京や尾張に透彫の鉄鐔をもっぱら製作する集団があり,従来の透彫鐔に一段の進歩をみせた。また山城西陣の埋忠(うめただ)明寿は各種の色金を用いて文様を平象嵌の技法で表し,色彩的な変化を与え,さらに平田道仁は七宝技術を取り入れ,ますます装飾性を加えることとなった。 江戸時代初期には九州肥後に肥後金工が繁栄し,林,西垣,志水,平田の諸派が大きな勢力を誇った。…

【山城物】より

…これら江戸時代以前の山城物の作風は時代の好み,戦闘形態などによって変化するが,概して均整がとれ,鍛(きたえ)は小板目がつんで地沸(じにえ)が細かにつき,刃文は小沸出来の直刃(すぐは)を基調とするなどが特徴としてあげられる。 江戸時代に入ると山城鍛冶も再び活況を呈し,西陣に埋忠明寿(うめただみようじゆ)が出た。埋忠家は元来,刀の磨上げ,拵(こしらえ)・金具の製作を家業としていたが,明寿は作刀にも長じ,それまでの古刀期にはなかった濃厚な彫物を施した装飾豊かな作風を展開し,新刀の祖といわれている。…

※「埋忠明寿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

埋忠明寿の関連キーワードメアリーナルバメアリ永禄エリザベス朝演劇尼子晴久イエナ永禄エリザベス織田信雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

埋忠明寿の関連情報