コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムガル朝美術(読み)ムガルちょうびじゅつ(英語表記)Mughal art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムガル朝美術
ムガルちょうびじゅつ
Mughal art

16世紀から 19世紀にかけてムガル帝国のもとで北インドを中心に栄えた美術。建築では,イラン=イスラムとインドの伝統との融合が達成され,イスラム建築史上の一つの頂点を形成した。墓廟に秀作が多く,初期のフマーユーン廟,盛期のタージ・マハルが代表作。ファテプルシークリの宮殿では特に折衷性が著しい。ラホールのバードシャーヒー・マスジドなどの大建築も建てられた。絵画ではミニアチュールが盛行し,宮廷の保護のもとに宮廷の風俗,肖像,花鳥などが描かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android