コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムザファルプル Muzaffarpur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムザファルプル
Muzaffarpur

インド北東部,ビハール州北西部の都市。パトナ北北東約 65km,ブリーガンダク川南岸に位置。 18世紀にムザファル・カーンによって建設され,パトナとネパールを結ぶ交易路にのぞむ商業中心地として発展。製糖,刃物製造が主産業。鉄道,道路の重要な分岐点で,イスラム教の信仰の一中心地。ビハール大学がある。人口 24万 450 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android