コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムジュタヒド mujtahid[アラビア]

1件 の用語解説(ムジュタヒドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムジュタヒド【mujtahid[アラビア]】

〈努力する者〉を意味するが,イスラム神学・法学の用語としては,教義決定および立法の行為,すなわちイジュティハードを行う者を意味する。イスラム法学は10世紀以後ムジュタヒドの存在を認めず,その後の学者はすべてムカッリドmuqallid(過去の権威によって確立されたところにそのまま従う者)であるとするが,ザーヒル派の学者たちと,個人としてはイブン・トゥーマルトイブン・タイミーヤらは依然として自らムジュタヒドであると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムジュタヒドの言及

【シーア派】より

…イマームを神格化する派は極端派(グラートGhulāt)と呼ばれ,カルマト派,ヌサイリー派(アラウィー派)がある。これに対し十二イマーム派は穏健な立場をとり,フサインの子孫にイマームをたどり,隠れイマームのガイバの期間は,その意志は宗教法学者ムジュタヒドによって解釈され,また政治的にもムジュタヒドによる指導が行われるべきだという立場をとる。
[儀礼]
 シーア派の主要宗派十二イマーム派は,イスラム法の基本的実践についてはスンナ派とほぼ共通している。…

※「ムジュタヒド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムジュタヒドの関連情報