コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハッラク島 ムハッラクとうJazīrat al-Muḥarraq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハッラク島
ムハッラクとう
Jazīrat al-Muḥarraq

バーレーン最北端の島。ペルシア湾に浮かぶバーレーン諸島のうち,3番目の面積をもつ。南岸にムハッラク湾が深く湾入し,ほぼ馬蹄形をなしている。ムハッラクの北にバーレーン国際空港がある。空港は 1971年の独立前はイギリスの空軍基地であった。島の南東端の岬には比較的大きな町アル・ハッドがあり,またムハッラクの湾を隔てた岸の岬にはアラードの村と,マスカットオーマン(→オマーン)の占領時代(1799~1809)に建てられた城塞がある。1783年にアラビア本土出身のハリーファ家の首長に支配されて以来,長らくペルシア湾北部の貿易の中心で,真珠採取および漁業基地を兼ねた。その遺構が 2012年「真珠の生産および島嶼経済のあかし」として世界遺産の文化遺産に登録された。面積 17km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムハッラク島の関連キーワードマナーマ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android