コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハッラク Al-Muḥarraq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハッラク
Al-Muḥarraq

ペルシア湾に浮ぶバーレーンの都市。バーレーン諸島の最北端のムハッラク島の南西端にあり,首都マナーマ (バーレーン島) と 2.5kmの堤道で連絡し,多数の住民がこの道路で本島に通勤している。商業の中心であり,重要な真珠採取業の基地であった。市街は狭い曲りくねった街路や広場をもった,伝統的なオリエントの町の特徴をとどめているが,海岸には病院,学校,近代的な共同住宅などが立並んでいる。人口7万 8000 (1988推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムハッラクの関連キーワードペルシア湾

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android