コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシア湾 ペルシアわんPersian Gulf

翻訳|Persian Gulf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシア湾
ペルシアわん
Persian Gulf

イラン南西部とアラビア半島の間に横たわるインド洋付属海アラブ諸国ではアラビア湾という。沿岸にイラン,イラククウェートサウジアラビアカタールバーレーンアラブ首長国連邦オマーンの諸国がある。イラクの南東部を流れるシャットルアラブ川河口から,南東方のホルムズ海峡まで全長約 990km,幅 55~340km。面積約 24万1000km2。水深は浅く,110mをこえる箇所も局所的にはあるが,90m以上の水深はごくまれである。海底地形は湾央軸を境に非対照的であり,イラン側は構造的に不安定で,傾斜が大きい。相対的にアラビア側はゆるやかである。湾奥とイラン側の海底は泥で,アラビア側は砂または泥質砂によって覆われている。気候は一般に高温多湿。降水量は年平均 294mm。古代からメソポタミアインドを結ぶ重要な海上交易路。バーレーン島付近の浅海は古来真珠の産地。20世紀以後ペルシア湾沿岸および海底で石油資源の開発が進み,世界有数の産油地域に発展した。1980~88年のイラン=イラク戦争ではタンカーの航行障害が世界的な注目を集め,1991年には湾岸戦争の舞台となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ペルシア湾【ペルシアわん】

アラブ諸国ではアラビア湾と呼ぶ。イランとアラビア半島に囲まれ,ホルムズ海峡によってアラビア海に接続している。長さ約912km,面積約23.8万km2で,きわめて浅く,最深部でも170mである。
→関連項目アラビア半島インド洋湾岸協力会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシアわん【ペルシア湾 Persian Gulf】

イラン高原とアラビア半島との間にある湾。アラビア語でバフル・アルファーリスBaḥr al‐Fāris,あるいはハリージュ・アルアラビーKhalīj al‐‘Arabī(〈アラビア湾〉の意),ペルシア語でハリージェ・ファールスKhalīj‐e Fārsという。現在,湾岸にはイランのほかにアラブ系のイラク,クウェート,バーレーン,カタル,アラブ首長国連邦の諸国がある。現代においてはホルムズ海峡を境に東側をオマーン湾,西側をペルシア湾と呼んで区別しているが,10世紀のアラブの地理学者マスウーディーによると,当時のペルシア湾はオマーン湾を含む海域と考えられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシア湾
ぺるしあわん
Persian Gulf

南西アジアにある広大な湾。アラビア半島の北東岸とイランの南西岸によって画され、東端はホルムズ海峡を経てオマーン湾へと通じる。ペルシア語ではハリージェ・ファールスKhalj-e Frsといい、アラブ諸国はアラビア語で「アラビア湾」の意ハリージュ・アル・アラビーKhalj al-‘Arabを慣用する。長さ約900キロメートル、幅250~350キロメートル、面積約23万9000平方キロメートル。水深は最大170メートルに達するが、山地が海に迫っているイラン側が、砂浜の広がるアラビア半島側に比べて深い。北西端のシャッタル・アラブ川の河口付近には三角州の発達がみられる。水温は平均24℃、8月には32℃にも達し、表面塩分は平均約37、水域によっては約40を示す。湾岸にはイランのほか、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタールおよびアラブ首長国連邦がある。
 古くから天然真珠の採取や漁業が営まれてきたが、20世紀に入ると湾岸や海底で相次いで油田が発見され、世界的な産油地帯として注目されるようになった。ラス・タヌラ(サウジアラビア)、ミナ・アル・アハマディ(クウェート)、ハル・アル・アマヤ(イラク)、ハールク島(イラン)などの石油積出し港がある。天然ガスの開発も進み、石油、天然ガスを原燃料とし、それらの販売、採掘利権料収入を資金とした工業化も湾岸各地で進んでいる。エビ、イワシ、マグロなどの水産資源も豊富。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ペルシア湾の関連キーワードクウェート(都市)アブーアルハシーブホールアルウデイドウムアルカイワインユーフラテス[川]ホルムズガーン州ユーフラテス川サファーニーヤアミラント諸島アルカティフブーシェル州アルコバールムバラス油田ブーシェフルチグリス川ジュメイラダンマームタルート島アルホールアハマディ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android