コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルシア湾 ペルシアわんPersian Gulf

翻訳|Persian Gulf

5件 の用語解説(ペルシア湾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルシア湾
ペルシアわん
Persian Gulf

アラブ諸国ではアラビア湾という。イラン南西部とアラビア半島の間に横たわるインド洋の周辺海。シャットルアラブ川河口から,南東方のホルムズ海峡まで全長約 800km,幅 80~336km。水深は浅く,110mをこえる個所も局所的にはあるが,90m以上の水深はごくまれである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ペルシア‐わん【ペルシア湾】

アラビア半島イランに囲まれた湾。東はホルムズ海峡オマーン湾アラビア海に通じる。湾岸および海底は石油天然ガスに富む。アラビア湾。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペルシア湾【ペルシアわん】

アラブ諸国ではアラビア湾と呼ぶ。イランとアラビア半島に囲まれ,ホルムズ海峡によってアラビア海に接続している。長さ約912km,面積約23.8万km2で,きわめて浅く,最深部でも170mである。
→関連項目アラビア半島インド洋湾岸協力会議

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペルシアわん【ペルシア湾 Persian Gulf】

イラン高原とアラビア半島との間にある湾。アラビア語でバフル・アルファーリスBaḥr al‐Fāris,あるいはハリージュ・アルアラビーKhalīj al‐‘Arabī(〈アラビア湾〉の意),ペルシア語でハリージェ・ファールスKhalīj‐e Fārsという。現在,湾岸にはイランのほかにアラブ系のイラククウェートバーレーンカタルアラブ首長国連邦の諸国がある。現代においてはホルムズ海峡を境に東側をオマーン湾,西側をペルシア湾と呼んで区別しているが,10世紀のアラブの地理学者マスウーディーによると,当時のペルシア湾はオマーン湾を含む海域と考えられていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペルシア湾
ぺるしあわん
Persian Gulf

南西アジアにある広大な湾。アラビア半島の北東岸とイランの南西岸によって画され、東端はホルムズ海峡を経てオマーン湾へと通じる。ペルシア語ではハリージェ・ファールスKhalj-e Frsといい、アラブ諸国はアラビア語で「アラビア湾」の意ハリージュ・アル・アラビーKhalj al-‘Arabを慣用する。長さ約900キロメートル、幅250~350キロメートル、面積約23万9000平方キロメートル。水深は最大170メートルに達するが、山地が海に迫っているイラン側が、砂浜の広がるアラビア半島側に比べて深い。北西端のシャッタル・アラブ川の河口付近には三角州の発達がみられる。水温は平均24℃、8月には32℃にも達し、表面塩分は平均約37、水域によっては約40を示す。湾岸にはイランのほか、イラク、クウェート、サウジアラビア、バーレーン、カタールおよびアラブ首長国連邦がある。
 古くから天然真珠の採取や漁業が営まれてきたが、20世紀に入ると湾岸や海底で相次いで油田が発見され、世界的な産油地帯として注目されるようになった。ラス・タヌラ(サウジアラビア)、ミナ・アル・アハマディ(クウェート)、ハル・アル・アマヤ(イラク)、ハールク島(イラン)などの石油積出し港がある。天然ガスの開発も進み、石油、天然ガスを原燃料とし、それらの販売、採掘利権料収入を資金とした工業化も湾岸各地で進んでいる。エビ、イワシ、マグロなどの水産資源も豊富。[末尾至行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ペルシア湾の関連情報