ムハンマド五世廟(読み)ムハンマドゴセイビョウ

デジタル大辞泉の解説

ムハンマドごせい‐びょう〔‐ベウ〕【ムハンマド五世廟】

Mausolée Mohammed Ⅴ》モロッコの首都ラバトにある霊廟。1971年に建造。国王だったムハンマド5世とともに、弟のムーレイ=アブダラーと息子のハッサン2世の石棺が安置されている。緑色のタイルで葺(ふ)かれた方錐形の屋根をもち、外部壁面はイタリア産の大理石で精緻な彫刻が施されている。近代アラウィー朝建築の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android