コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハンマド五世廟 ムハンマドゴセイビョウ

デジタル大辞泉の解説

ムハンマドごせい‐びょう〔‐ベウ〕【ムハンマド五世廟】

Mausolée Mohammed Ⅴ》モロッコの首都ラバトにある霊廟。1971年に建造。国王だったムハンマド5世とともに、弟のムーレイ=アブダラーと息子のハッサン2世の石棺が安置されている。緑色のタイルで葺(ふ)かれた方錐形の屋根をもち、外部壁面はイタリア産の大理石で精緻な彫刻が施されている。近代アラウィー朝建築の傑作として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ムハンマド五世廟の関連キーワードモロッコ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android